巡り合いながら生きる

人は様々な人に巡り合い、その出会いで大きなる、結婚や恋愛だけではなく、豊かな感性を磨く。 また書籍との出会いも同じだ。

歎異抄を読むと面白さにびっくりです。

親鸞上人の言葉を後年書いたものですが、文章力は素晴らしいです。

専修念仏の輩の、「わが弟子、ひとの弟子」という相論の候らんこと、もってのほかの子細なり。

親鸞は弟子一人ももたず候。

そのゆえは、わが計らいにて人に念仏を申させ候わばこそ、弟子にても候わめ、ひとえに弥陀の御もよおしにあずかりて念仏申し候人を、「わが弟子」と申すこと、極めたる荒涼のことなり。

つくべき縁あれば伴い、離るべき縁あれば離るることのあるをも、「師を背きて人につれて念仏すれば、往生すべからざるものなり」なんどいうこと不可説なり。

如来より賜りたる信心を、わがもの顔に取り返さんと申すにや。かえすがえすも、あるべからざることなり。

自然の理にあいかなわば、仏恩をも知り、また師の恩をも知るべきなり、と云々。


幸せな結婚生活の為に恋愛をしっかり見つめましょう六本木OBERON's 結婚相談

貴女の未来は出会いで始まり、全てを築く、出会いや恋愛と結婚相談のOberon、