恋愛結婚相談

下記から詳細をご覧ください。 貴女の不安や悲しみを癒す為にお越し下さい。

恋愛結婚相談


生きていく中で「困った!」と感じるのはいつでしょう。

学生の頃であればクラブ活動や友人関係、親御さんとの関係もありますね。

社会人になってからは、上司や同僚との関係、恋人との恋愛関係、今後の人生の展望なども考えられます。

結婚について、子どもとの関係、相続や年金などお金にまつわることなど、人生の中の困った状況は内容の差はあっても多くの方に共通することかもしれません。

役所や専門家など適切な相談する場所はあります。ただ、それは困っている内容が「はっきり」している場合ではないでしょうか。

こういったことはどこに相談していいかわからない

こんなぼんやりした内容を専門家の人は聞いてくれるだろうか

そういったことで、人生にまつわる困った内容をどこにも相談できないことはよくあることです。

そういった時は人生相談を思い出してください。「人生相談」って随分大きい括りのように聞こえますね。そうです。「わかりやすく」大きい括りにしてあります。人生相談は、人生の中で悩んでいる事、困っている事、よく分からない事、を相談してもらうためのものです。生きていく中でのアレコレを人生相談へご相談ください。

まずは人生相談から解決のスタートを切ってみませんか。



家族や友人には相談しづらい、と感じる悩み事はありますか?

多くのことを相談できる間柄の人がいることはとても人生を豊かにしてくれますが、それでもなかなか言えないことがあるのも人生です。

「言えないことがある」のは決して恥ずかしいことではありません。

けれども、言えないからこそ深い悩みでもあるとも思います。

人生相談はそのような深い悩みをサポートする場です。

「家族や友人にも言えないことを何で赤の他人である人生相談へ!」と思われることでしょう。

親しいからこそ、迷惑をかけたくないからこそ、家族や友人には言えないのではありませんか?

また、人生のつまずきや失敗をより近い関係の人たちに知られるのは恥ずかしいという思いもあるのではありませんか?

人生相談は、全く知らない人、第三者へ行います。家族や友人へ話すよりもより落ち着いて、現実的に悩み事を整理して話すことができると思います。自分の気持ちや状況を冷静に話すことで、今後とるべき判断や行動も見えやすくなると考えます。人生相談を通じて、自分なりの解決方法を見つけることができるとも思います。

ひとりで焦って苦しくなるような誰にも言えない時こそ、人生相談を思い出してください。

香りは人の記憶とよく結びつくと言われます。

この香水の匂いがするとあの人が思い浮かぶ。

童謡「おかあさん」にあるように、卵焼きの匂いはお母さんの匂い。

潮の匂いがすると、初デートで行った海を思い出す。

場合によっては、思い出したくない記憶と結びついている思い出もあるかもしれませんが、大切にしたい記憶と結びついている香りは、心地よいものではないでしょうか。

自分が身にまとっている香りが誰かの幸せな思い出と結びつくかもしれないと考えると、ちょっとワクワクしてきたりします。

「香りを身にまとう」と言われて真っ先に思い浮かぶのは、香水やコロンなどだと思います。

自分が好きな香りを身に着けると、気分も上がります。が、注意したい点も。食事やお見舞いなどの強い香りは敬遠される場へはつけていかないこと。また、毎日つけていると自分の嗅覚が香りに慣れてしまって、だんだんとたくさん着けてしまうようになってしまいがちな点にも注意が必要です。自分はそうでもないと思っていても、周りの人にとっては「香害」になっているということは、珍しくありません。

お気に入りの香りは、身体に直接つけなくてもサシェやアロマストーンなどで楽しむこともできます。

お気に入りの香りや思い出の香りを身近に置いて、ハッピーな時間を過ごす手助けをしてもらうのもいいですよ。



「恋愛ならばいいけれど、まだ結婚は考えることができない」

女性でも男性でも「タイミング」が合わないと感じる時があります。

恋愛の延長線上に結婚を考えている人が多い中、このタイミングをつかむのがなかなか難しい。人生の自己実現をやりがいのある仕事へ傾けることができる反面、結婚をすることで仕事をセーブする必要性が出てくる時があるからでしょう。その点、恋愛関係であれば関係を継続するにしろ、解消するにしろ双方の意思で行うことができます。

そのため、恋愛と結婚は「別」という考えを持ち、仕事に邁進せざるを得ない場合も出てきます。

それでも、恋愛において「このままこの人と一生一緒に過ごしたい」と思うようになるのは自然なことです。ただ、問題なのは双方の意思が合わず、どちらか「だけ」結婚を望むようになることです。

結婚の意思のタイミングを無理やり合わせることはできません。また強制をすることもできません。したがってタイミングが合わない場合、「その先」をどうやって見つけることができるか、が課題になってくると思います。

もし、「その先」をどうやって見つけたらいいか、判断したらいいか思い迷った時、そっと相談する場があるといいと思いませんか。気持ちを見つけられる場所を見つけるのもひとつの方法ではないでしょうか。

恋愛結婚相談

「怒りっぽい性格の人」など存在しない。「怒りという感情をしょつちゅう使う人」なのだ。

怒りを持つか持たないか、ではなく、怒りをどのように扱うか、

怒りをどれくらいの頻度で利用するか、を変更すること。

それが性格を変える、ということなのです。生まれ変わることではありません。


自ら性格を変わりたいと思い努力すれば、性格は死ぬ1から2日前まで変えられる。

現在の性格の中核的信念である「自己概念」「世界像」「自己理想」をきちんと把握する。


Alfred Adler

人は居場所がないと感じると、精神を病んだり、アルコールに溺れたりする。

他者に貢献することで居場所を確保すればよい。

犯罪者、精神病者、アルコール依存症,性的倒錯者、自殺する人、

一見するとまったく違う問題を抱えているように見えるが、問題の根は「共同体感覚」の低さ。

相手よりも自分のことを優先するが故に、相手から支援されているという実感を持てず、

社会に孤立する。居場所がないと感じてしまいその補償行動としてそれぞれの問題行動を起こす。

Alfred Adler





どこでも出会いの機会はあるけど、心に響く人がない、恋愛がしたけどときめく人もいない、結婚をしたいけど、今後どうなるか分からない、そんな人の出会い結婚相談六本木


お前がなすことによって獲得した知識以外には、お前は知識を所有しているとはとてもいえまい。 

トーマス・カーライル 

近代文明における三つの大いなる要素は、火薬と印刷と新教徒の宗教である。 

トーマス・カーライル 

人生で最も大切なことは、はるか彼方にあるものを見ようとすることではなく、目の前にはっきり見えるものをきちんと実行することだ。 

トーマス・カーライル 

葉と行動は、神の力のまったく異なったモードである。言葉も行動であり、行動も言葉の一種である。 

ラルフ・ワルド・エマーソン 

自信はヒロイズムの本質である。 ラ

ルフ・ワルド・エマーソン 

他人のために生きることは容易である。誰でも皆していることである。 

ラルフ・ワルド・エマーソン 

自分自身の思想を信じ、自分にとって真実であるものを信じ、自分の心で万人の真実を信じる者が天才である。 

ラルフ・ワルド・エマーソン 

恋愛相談 結婚相談 相談 結婚 恋愛相談 結婚相談 相談 結婚 

恋愛相談 結婚相談 相談 結婚 恋愛相談 結婚相談 相談 結婚 

恋愛における「困ったこと」はいくつか挙げられますが、大きな問題点としては「盲目」になってしまう時があることではないでしょうか。

相手が大好きで、何でもよく考えてしまう、何でも言う事をきいてあげたい、いつでも一緒にいたい…そんな時期があるのも恋愛のいい部分でもあり、周囲からすれば心配な部分でもあります。

盲目的な恋愛の一時期は、一種の恋愛相談も「のろけ」として周囲は捉えることができますが、安定した関係になってくると切実な恋愛相談になってくることがあります。

ふたりの今後の行く末

交際する上での金銭問題

生活や仕事などの環境

など、「のろけ」とは違った状況が見えてきます。

そんな時、当人同士はこういった「現実的」な側面を、恋愛関係の上では解決することができない場合が多いのです。お互い「好き」な気持ちと「考えてほしい・変えてほしい」気持ちが交差するので、上手く伝えることができないのかもしれません。

だらといってこのまま放っておいて、ふたりの関係がうまくいくかどうか…、不安になることもあるでしょう。

その際、冷静に落ち着いて恋愛相談ができる場があるといいと思いませんか。

ふたりの関係に利害のない、客観的に見てもらえる、そんな場所があると自分たちのことを見つめなおすことができると思っています。


どうしてあんなに好きで交際していた人と別れることになってしまったのか…

こういった想いを持って、考え続けている人は意外と多いものです。

だからといって、同じ人と同じようにまた付き合いたいということではないでしょう。

新しい出会いの際や新しく交際を開始した人と違う未来を考えた時に、以前のことが「不安」になるということかもしれません。

恋愛において、一方的にどちらかが悪いということはまずないと思います。相手の気持ちを100%知ることはできないので、どうしても自分の悪かった点を思い出すばかりになります。

友人たちからは、「恋愛相談」という名の励ましや叱責を受けることもあるでしょう。

もしかしたら、その記憶で新しい出会いに踏み出せない可能性もありますね。

別に好きな人がいなくても、お付き合いする相手がいなくても、人生は楽しく謳歌できる!というのもまた真実です。

ですが、それ以上に「自分が好きになれる相手に出会いたい」というのはおかしなことではありません。

今後どのように恋愛関係にふみだしたらいいか、自分はどういう風に相手に向き合ったらいいか、恋愛相談を第三者にしてみるのもいいかと思います。自分だと知らない相手であれば、心置きなく恋愛相談をすることができますよ。


結婚相談恋愛と結婚相談出会い


人間は欲深い、これは誰しも認めること、結婚にたどり着けば次は妊娠、次は安産、次は健康、次は頭の良さ、次は入学と際限がないけど、まあこれなら普通かな。

しかし、多くの場合遺伝よりも環境です、まして人間は、子供に過度の期待を現実は持ちません、あくまで近く誰々に負けたくない意思ができるまでは。 それにトンビは鷹を産めません、トンビはトンビの世界しか知らないから。

自分自身の外に幸福を求めようとすると、私たちはポジティブ心理学者が言うところの「外発的」な報酬──お金や物や地位、名誉のような──に目を向けさせられます。

欲しいものを得ると、気分がよくなります。残念ながら、そうした幸せを見つけた喜びは長続きしません。好きなものへの耐性がついてしまい、もっと欲しいと感じるようになります。同じだけの満足感や喜びを感じるために、より大きく、より高い報酬が必要になります。

「幸福探し」をすればするほど、ますます大変になります。ポジティブ心理学者はこのような過程を「快楽の順応」と呼んでおり、これは人生における長期的な満足感を得るためには最大の障壁となります。より消費し、より獲得し、より高い地位を得れば得るほど、幸福でありつづけることが困難になります。

お金や評価、昇進、人気、注目、あるいは単に何か欲しいものを手に入れることのいずれにおいても、研究者のあいだで合意されているのは、外発的な報酬を求めることは、幸福を手にするうえで確実に妨げになるということです。

幸せな未来は「ゲーム」が創る ジェイン・マクゴニガル / 妹尾 堅一郎