機会はいつでもある、結婚は焦らない、不安な要素を取り払う

「きれいなお月さまだわねえ。」なんて言って手を握り合い、夜の公園などを散歩している若い男女は、何もあれは「愛し」合っているのではない。胸中にあるものは、ただ「一体になろうとする特殊な性的煩悶はんもん」だけである。

太宰治『チャンス』 

神の子は弟子たちに「七度の七十倍ゆるせ」と教えた。しかし、私たちには、七度でさえ、どうであろうか。「愛する」という言葉を、気軽に使うのは、イヤミでしかない。キザである。

太宰治『チャンス』 

私は恋愛の「愛」の字、「性的愛」の「愛」の字が、気がかりでならぬのである。「愛」の美名に依って、卑猥感ひわいかんを隠蔽いんぺいせんとたくらんでいるのではなかろうかとさえ思われるのである。

太宰治『チャンス』 

恋愛至上(主義)というから何となく高尚みたいに聞えるので、これを在来の日本語で、色慾至上主義と言ったら、どうであろうか。交合至上主義と言っても、意味は同じである。

太宰治『チャンス』 

幸せな結婚生活の為に恋愛をしっかり見つめましょう六本木OBERON's 結婚相談

貴女の未来は出会いで始まり、全てを築く、出会いや恋愛と結婚相談のOberon、