何もしなければ毎日終わっていく、出会いも感情も


生きる意味をいろいろと考える時がある、実は西洋から悲観的と批判される仏教は無と言いながら、意味はあると宗派別の解釈はあるけど、概ね言っている。 でも反対に西洋哲学は、無意味としている、まあこれも全部じゃないけど、哲学者とは言えないけど、トルストイは特に無意味派だ、思うにしも絶対的終焉に向けて考え出す、それなりに答えを持つのだろう、仏教の「無」は個人的には生も死もないの「無=ない」の気がする。

自尊心を持つ、ということと、プライドがあるということは、間違いやすい。誰も自分が大事で、プライドがあると思っているけど、それなら他人に侮辱されても腹は立たないはずだよね。なぜなら、自分で自分の価値を知っているなら、他人の評価なんか気にならないはずだから。もしそうでないなら、自分の価値より他人の評価を価値としていることになる。するとそれは自尊心ではなくて、単なる虚栄心だということだ。 

池田晶子

46歳にして亡くなった池田さんは、難しいことを簡単に説明できる事がすごい。 私は結構いい歳だけど、こうは言えない、単純に思考回路で負けると言うより解釈で負ける、批判的な人もいるけど、万人に向けて分かりやすい。 

「よりよい生活が人生の目的だとは思いません。何のために生きるのかを考えることこそが大事なことです」 実績があるから響くな。 

「来るかこないかのどちらかではなくて、早いか遅いかに過ぎない私達の「死」というものの絶対性の前には、年収いくらの男性と何歳で結婚、何歳で出産、ゆとりの老後など、考えたくても考えられっこないではないか、当たり前ではないか!」

幸せな結婚生活の為に恋愛をしっかり見つめましょう六本木OBERON's 結婚相談

貴女の未来は出会いで始まり、全てを築く、出会いや恋愛と結婚相談のOberon、