結婚は恋愛よりもリスクを背負う、でも忘れるのだ

結婚はしてみないと分からないことが多い、だからと言って、試すにはリスクがある、人は一緒にいれるか価値観の相違が離婚となりやすい。

サン=テグジュペリ

人間であることは、自分の意志をそこに据えながら世界の建設に参加しているのだと感ずることである。

ぼくがこれほど、あなたに執着しているのは、たぶんあなたを、自分で勝手につくりあげているからだ。

愛は、お互いを見つめ合うことではなく、ともに同じ方向を見つめることである。

他人を裁くより自分を裁く方がずっと難しい。

心を高揚させる勝利もあれば、堕落させる勝利もある。心を打ちひしぐ敗北もあれば、目覚めさせる敗北もある。

やはりお前は、お前の生命を投げ出させるものによってしか生き得ないのだ。死を拒否する者は、生命をも拒否する。

人に好かれるには、同情しさえすればいい。でも、ぼくはめったに同情しないし、同情しても隠すことにしている。

利害を越えた究極の目的を人と共有する時、初めて心のままに生きることができる。

人間は、障害にむきあったときに、自らを発見するのだ。

歩みだけが重要である。歩みこそ、持続するものであって、目的地ではないからである。

人間はね、急行列車で走りまわっているけれど、何を探しているのか自分でもわかっていない。

努めなければならないのは、自分を完成させることだ。

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目に見えないんだよ。

砂漠が美しいのは、どこかに井戸をかくしているからだよ。

完璧がついに達成されるのは、何も加えるものがなくなった時ではなく、何も削るものがなくなった時である。

やはりお前は、お前の生命を投げ出させるものによってしか生き得ないのだ。死を拒否する者は、生命をも拒否する。

人間は真理を発見するのではない。人間は真理を創造するのだ。

砂漠が美しいのは、どこかに井戸をかくしているからだよ。

歩みだけが重要である。歩みこそ、持続するものであって、目的地ではないからである。

人に好かれるには、同情しさえすればいい。でも、ぼくはめったに同情しないし、同情しても隠すことにしている。

どこにでも好きな方に歩いていける。ぼくは自由だ… だが、この自由はほろ苦かった。世界と自分が、どれだけつながっていないかを思い知らされた。

利害を越えた究極の目的を人と共有する時、初めて心のままに生きることができる。

ひとりの人間の死とともに、未知の世界がひとつ失われる。

おとなは、だれも、はじめは子供だった。しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、いくらもいない。


幸せな結婚生活の為に恋愛をしっかり見つめましょう六本木OBERON's 結婚相談

貴女の未来は出会いで始まり、全てを築く、出会いや恋愛と結婚相談のOberon、