出会った時になんでこんな格好の時に、思わぬ前の出会い相談

フョードル・ドストエフスキー

理想主義者と現実主義者は、彼らが誠実で寛容でありさえすれば、その本質はおなじく、人類への愛であり、その対象はおなじく、人間であり、違っているのは、対象を表示する形式ばかりである。

左翼は主として無神論の問題である。無神論に現代的な肉付けをした問題である。地上から天に達するためではなく、天を地上へ引き下ろすために、神なくしてたてられたバビロンの塔だ。

他人に尊敬されたいのなら、自分自信を敬うがいい。自分自身に敬意を払うことによってのみ、他人はあなたを敬うようになるだろう。

ほんとうに人間はだれでも、すべての人に対し、すべてのことについて罪があるのです。人びとはただそれを知らないだけです。

人生で何よりも難しいのは、嘘をつかずに生きることだ。そして、自分自身の嘘を信じないことだ。

苦痛こそ生活なのだ。苦痛がなければ、いったい人生にどんな快楽があろう。

絶望のなかにも焼けつくように強烈な快感があるものだ。ことに自分の進退きわまったみじめな境遇を痛切に意識するときなどはなおさらである。

私は何か善を行おうと思いながら、そこに喜びを感ずることができる。また同時に、悪を行いたいとも思い、そこにも喜びを覚えることもできる。

新しい一歩を踏み出すこと、新しい言葉を発することは、人々が最も恐れることである。

青春は、それが青春という理由だけで、もう清らかなのです。

人間には、幸福のほかに、それとまったく同じだけの不幸がつねに必要である。


幸せな結婚生活の為に恋愛をしっかり見つめましょう六本木OBERON's 結婚相談

貴女の未来は出会いで始まり、全てを築く、出会いや恋愛と結婚相談のOberon、